« TOEIC勉強法・リスニング5~250点:TV・ラジオの語学講座(入門・初級) | トップページ | TOEIC勉強法・リスニング5~250点:Dictation »

TOEIC勉強法・リスニング5~250点:聞き取り力の向上訓練

TOEIC勉強法・リスニング5~250点:聞き取り力の向上訓練

TOEICのスコアがリスニング5~250点の方の中には、長い文章のリスニングで解答を得るために必要な情報を引き出すことが困難なケースが多く見られます。

こうした方はリスニングで提示されたテーマを把握できないため、必要な情報とそうでない情報の見分けが出来ません。また、繰り返し使われる類似表現が理解できないこともあります。

こうした方はまず、英文リスニングの際、「誰(何)がどうした」というあらすじの骨格部分の把握を最優先に意識します。これは英語でいえば主語と動詞です。

主語と動詞を第一に聞き取ろうと意識付けることで、聞こうとする耳の感度が向上し、話の大筋をつかみやすくなります。その後、主語と動詞をつかめるようになれば、あとは前置詞句=in、atなどで始まる句で細部の情報をつかみます。

主語と動詞で話の流れをつかみ、前置詞句で肉付けをすると割り切ることで、リスニングに対する意識付けが強まり、リスニングスコアの向上につながります。

TOEICリスニングと文法・英字新聞

また、このレベルの方は、中学・高校水準の文法や繰り返し使われる類似表現に関する能力が不十分なため、リスニングも不得手な可能性があります。複雑な構文を聞き取れないという方は中学3年生~高校生向けの英文法の参考書で基礎を固める必要があります。

また、英語は同じ語句を繰り返し使うことを嫌います。同様のことを表すのに類似表現で言い換える傾向があり、それはTOEICにも反映されています。こうした言い換え表現が見抜けない方は英字新聞の活用をおすすめします。

英字新聞は特に別の表現で繰り返し同じことを伝える傾向が顕著な文章です。毎日する必要はありません。週刊の英字新聞で言い換え表現に慣れ、少し複雑な構文に強くなることでリスニングスコアのアップにもつながります。

|

« TOEIC勉強法・リスニング5~250点:TV・ラジオの語学講座(入門・初級) | トップページ | TOEIC勉強法・リスニング5~250点:Dictation »

TOEIC勉強法・リスニング5~250点」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事