« TOEIC勉強法・リスニング255~360点:英語ニュースの範囲拡大 | トップページ | TOEIC勉強法・リスニング255~360点:リスニングと読む力 »

TOEIC勉強法・リスニング255~360点:TV・ラジオの語学講座(中級・上級)

TOEIC勉強法・リスニング255~360点:TV・ラジオの語学講座(中級・上級)

TOEICにおいてリスニング255~360点のレベルの方は、否定構文などの複雑な構文が混じっていたり少しでも難しい語彙が使われると細かな理解が不十分なケースが見受けられます。

TOEICがこのスコアの方には、TV・ラジオの語学講座の中級~上級のうち現在のレベルよりも一つ上の教材を使うようおすすめします。このレベルの教材であれば、少し構文にもこだわった会話文や難しい語句が混じったリスニングの素材が見つかると思います。

TOEICリスニング勉強法:読む・書く

語学番組を使ったトレーニングにおいては単に聞くだけでなく、聞こえた英文を元の音声に近づけるように復唱することで効果が表れます。真似ること、リピートすることでリスニングの力は向上します。

もしも難しい構文や語彙のためにListen & Repeatが即座に出来ないときは、音読筆写に切り替えます。リピートできなかった英文をその場でさっと書き写します。

読めることや書くことが鍛えられなければ、TOEICに対応するリスニング力=聴く力は身に付きません。正確に書き写したら、5回程度なるべく速く音読しながら書きます。こうして音読筆写した文章は、刷り込み効果によってクリアに聞こえてくるはずです。

TOEICリスニング勉強法:英語を使う

音読筆写をした後は、「Look Up & Say」=スラスラと言えるかどうか、そらんじてみましょう。さっと出てきたらこのトレーニングは完成です。

もしも流暢に出てこなかったら、もう1~2回音読筆写して同じことを行います。今度は大丈夫なはずです。口から即座に出せた英文は聞き取りも出来るはずです。

その一方、TOEIC対策としては、学んだ英語をどんどん使う「Output」を行います。このレベルの方は、自己紹介や日常会話に限らず、会社の紹介、会議、電話、プレゼンテーションなど、仕事で使える英語表現も学んでいきましょう。

英語を定着させるには使うことが一番です。失敗を恐れずに楽しむくらいの気持ちで積極的に使うことが上達への近道です。

|

« TOEIC勉強法・リスニング255~360点:英語ニュースの範囲拡大 | トップページ | TOEIC勉強法・リスニング255~360点:リスニングと読む力 »

TOEIC勉強法・リスニング255~360点」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事