« TOEIC勉強法・リスニング255~360点:リスニングと読む力 | トップページ | TOEIC勉強法・リスニング365~495点:文法と語彙 »

TOEIC勉強法・リスニング255~360点:リスニングの仕上げ

TOEICリスニングとEye-Shadowing

今回の記事ではTOEICのリスニングスコア255~360点の方がよりレベルアップするための勉強法を紹介します。まず、「英語ニュースのCD付対訳本」を使った「Eye-Shadowing」です。

このトレーニングはTV・ラジオのニュースの聞き取りについていけない方におすすめします。「Eye-Shadowing」とはリスニングをしながら英文テキストを目で追いかけることです。

具体的にはニュースを聞きながら、目で対訳の英文を追いかけます。読みながら聞くことでリスニングの力を向上させる効果が期待できます。ネイティブのスピードを目で追うことで実感させるトレーニングということです。

しかし、Eye-Shadowingでも内容が理解できないときは、英文のわからない単語に印をつけ、その訳を日本語訳から即座に探すというトレーニングに切り替えます。辞書を引く手間を省いてすぐに日本語訳を見ることで、内容の理解を優先するトレーニングを実現させます。

日英の対比読みでテスト・トレーニング

また、1記事が100語前後の日英のニュースの対訳本を使って、日本語訳の音読→英文テキストの音読の順に行い、双方の時間を測るトレーニングを行います。

そして、それぞれのかかった時間を比べ、最初は日英の比が1:2以内→最終的には1:1.5以内程度を目指します。これが1:1で、内容の理解も双方の文章で100%ならバイリンガルです。これは英語勘ともいうべき感覚を自分の母国語にいかに近づけるかを試すトレーニングです。

TOEICのリスニングとVocal Eye-Shadowing

また、TOEICのリスニングスコアがこのレベルの方は、「Vocal Eye-Shadowing」も行います。これは、CDを聞きながらテキストを目で追い、そのスピードと同時に音読するものです。ここまで述べたトレーニングで、英文における音と文字、文字と意味が一致しているはずです。それをさらに音でも一致させるトレーニングです。

「Vocal Eye-Shadowing」では発音、イントネーション、息の区切り、音のつながりなどを意識して、うまくいかないところに印を付け、何度も繰り返します。CDと完全に重なる必要は無く、大体できればクリアです。

TOEICリスニングの仕上げ

ここまでのトレーニングを一通り終えたら、Listen & Repeatのように逐一CDを止めながらやるのではなく、CDを止めずに流して仕上げを行います。ここでは聞きながら音声より少し遅れる程度の感覚で、声を出して追いかけてみます。

このトレーニングは音声への反応を高め、速いスピードに体感を慣れさせるトレーニングです。これを行うことでリスニングと同時にスピーキングにも速く対応する力が身に付きます。

|

« TOEIC勉強法・リスニング255~360点:リスニングと読む力 | トップページ | TOEIC勉強法・リスニング365~495点:文法と語彙 »

TOEIC勉強法・リスニング255~360点」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事