« TOEIC勉強法・リーディング230~315点:高校教科書の学習ガイド | トップページ

TOEIC勉強法・リーディング230~315点:洋書の速読・多読

TOEIC勉強法・リーディング230~315点:洋書の速読・多読

洋書の速読・多読は、語彙数を増やし、さまざまな用法に慣れるための最良の方法です。洋書の読み方に決まったやり方はありません。目的やレベルに応じて自分なりの読み方で活用します。

しかし、戻り訳しながら英語を日本語に置き換える「訳読」では、いつまでもストレートに英語を読むことが出来ず、英語を英語のまま即座に理解する力は育ちません。

洋書を読む際には、いちいち日本語に置き換えて訳すことなく、英語のまま頭から読み下す「直読」によって、英語を即座に理解する頭脳回路が育ちます。これは、必要な情報を素早く収集したい時の「速読」の基礎といえます。速読は、読む量をこなす「多読」との併用で効果が高まります。

TOEICテストにも対応できる読み方としては、速読と多読が基本です。速読と多読は英語を読む力を鍛えます。読むことが出来る英語は瞬時に聞き取る力も付きます。また、聞けた英語は順次話せるようになり、話せる英語は英語を書く能力にも貢献します。

その一方、速読・多読を通じて適切に使える語彙や自然な文法力がインプットされ、使える英語力の向上に役立ちます。洋書は「読みたいとき、読みたいものを、読みたいだけ」読みます。その際、できるだけ速く、たくさん読むことで、英語の力がついてきます。

また、洋書のリーディングにおいても、やさしめのものをなるべく速く、たくさん読んで高速英語回路を作る練習に専念しましょう。

|

« TOEIC勉強法・リーディング230~315点:高校教科書の学習ガイド | トップページ

TOEIC勉強法・リーディング230~315点」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事