« サイトポリシー(必ずお読みください) | トップページ | TOEICのテスト形式 »

TOEICテストとは

TOEICテストとは

TOEIC(トーイック)とはTest of English for International Communication(国際コミュニケーション英語能力テスト)の略称で、英語によるコミュニケーション能力を評価する世界共通の検定試験です。

TOEICの試験問題は米国のETS(Educational Testing Service;教育試験サービス)という非営利団体が作成し、日本では財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会が年8回(1・3・5・6・7・9・10・11月)全国80都市でTOEIC公開テストを行っています。

TOEICテストは、合否ではなく10~990点まで5点刻みのスコアで評価されます。TOEICは世界共通の基準を一定に保つ統計処理が行われ、能力に変化がない限りスコアも一定に保たれるとされています。

TOEICテストは世界約90ヶ国で実施され年間約500万人が受験しています。そのうち日本国内だけで年間163万5,000人が受験しています。また、企業、官公庁、学校等で2007年度に約2,700団体が採用しています。

TOEICは大学院・大学・短期大学・高等専門学校における入学試験(推薦入試、AO入試を含む)、単位認定、留学等における優遇措置、および企業・団体等の採用試験など英語力の選考基準として幅広く用いられています。

TOEICテストの具体的な試験形式について、次回の記事で詳しく見ていきます。

|

« サイトポリシー(必ずお読みください) | トップページ | TOEICのテスト形式 »

TOEICとは」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事