« TOEICテストとは | トップページ | TOEICの結果について »

TOEICのテスト形式

TOEICのテスト形式

TOEICはリスニング(45分間・100問)とリーディング(75分間・100問)の合わせて2時間で200問に答えるマークシート方式の検定試験です。TOEICの評価の判定は英検のような合否ではなく、リスニング5~495点、リーディング5~495点、トータル10~990点のスコアで5点刻みで表示されます。テストは英文のみで構成されていて、英文和訳・和文英訳といった設問はありません。

なお、TOEICテストは第122回公開テスト(2006年5月実施)からリニューアルされました。団体特別受験制度(IP: Institutional Program)においても、2007年4月から新方式のTOEICテストが導入されています。

新TOEICテストと旧TOEICテストの間ではEquating(スコアの同一化)と呼ばれる調整を行っています。これにより、新旧のTOEICテスト間の評価基準は同じに保たれています。

TOEICテストのうち、リスニングセクションは会話やナレーションを聞いて設問に解答するものです。これには、Part1(写真描写問題・10問)、Part2(応答問題・30問)、Part3(会話問題・30問)、Part4(説明文問題・30問)があります。

また、TOEICのリーディングセクションとは、印刷された問題を読んで設問に解答するものです。これには、Part5(短文穴埋め問題・40問)、Part6(長文穴埋め問題・12問)、Part7(読解問題・48問…1つの文書が28問、2つの文書が20問)があります。

次回の記事ではTOEICの結果の表示について触れておきます。

|

« TOEICテストとは | トップページ | TOEICの結果について »

TOEICとは」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事